自分に合ったベッドを選びましょう

ベッドにこだわる
「ベッド 折りたたみ」
に関連するツイート
Twitter

折りたたみ式のベッドの利用方

折りたたみ式のベッドの利用方

狭い空間の利用には、大型の家具は置けません。
賃貸住宅などのワンルームなどは、ベッドなど余計に置くと狭くなってしまいます。
しかし、フローリングの床には、やはりベッドを置かなければなりません。
そのためには、折りたたみ式のベッドが便利です。
折りたたみ式と言っても、横に折りたたむタイプのものと縦に折りたたむ物が有ります。
横に折りたたむものは、ふとんを置いたままに片付けられて、部屋の隅などに収納ができますから、部屋を広く使えます。
また、縦にたたむものは、ソファーとして利用でき、普段は部屋のインテリアとして使うことが可能です。
どちらのタイプにするかは、部屋のコーディネイトを考える上で変わります。
また、普通のお宅でも、折りたたみ式ベッドですと、掃除が楽で普段使いだけでなく、午睡の時に使用しても、使わないときは、たたむことができるため、部屋の隅などに置いておけます。
また、不意の来客用に使うこともできます。

ベッドの耐用年数について

家を新築したり、引っ越しをしたときなどにしか大型な家具は買い替えをしないのですが、ベッドは見た目は異常が無くても耐用年数を過ぎた状態で使用していると睡眠に悪影響を与える可能性があるといわれています。
ベッドマットレスの寿命は使用頻度や使用する方の体重、マットレスのブランドなどによって耐用年数は変わってくるのですが、寿命が短い場合は3年、長い場合だと約10年使用すると痛みが出るといわれており、マットレスの中央部がへこんでいる、睡眠中の寝返りが多くなったなどの場合は耐用年数を過ぎている可能性があります。
基本的にベッドフレーム自体は乱雑な使い方をしなければ壊れることなく反永久的に使用する事が出来るのですが、マットレスには寿命がありますので交換が必要になります。
へこみの出来たマットレスを使用し続けていると腰痛の原因となり、カビなどが発生した状態で使用するとアレルギー症状が現れる場合がありますので注意が必要です。

check

2017/4/20 更新